本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO
最新情報は LINE から

本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

泉鏡花「天守物語」その1-幽玄世界へいざなう導入部。

泉鏡花「天守物語」その1-幽玄世界へいざなう導入部。

掲載日: 2021年08月28日

「天守物語」は、1917年に文芸誌「新小説」に掲載された戯曲。
高貴な女性の凛々しさが光る極上のエンターテイメントです。

本コミュ読書会では、2021年8/30(土曜日)から10/30(土曜日)三回にわたって課題本型読書会として、この作品を取り上げます。

舞台は姫路城、天守閣。季節は晩秋。
人間が立ち入ることができない天守閣にいるのは、この世のものではない方々。
天守夫人、富姫に仕えしは侍女五人
その名は、桔梗、女郎花、萩、葛、撫子
秋の七草になっています。

姫路城の天守から 釣り糸を垂れる侍女五人。
魚を釣っているのではございません。
では、何かといえば、花、それも秋草だという。

餌は何かと問われれば 「それは白露
時節柄、秋草は露をたんと欲しがるのだそうでございます。
ゾクゾクするような幽玄世界です。

ほどなくして
「釣れました」
「あれ、私も・・・」
黄と白と紫の胡蝶の群れ、ひらひらと舞い上がります。

天守から 下界に咲き誇る秋草を見ている侍女たち。
と、にわかに激しい風が吹き始めます。
色もかくれて、すすきばかりが真白に 水のように流れて来ました
 つまり 暗雲立ち込めて暗くなり 白黒の世界になってしまったのです。
ゾクゾクする表現ですねぇ。
ここから、私たちは幽玄な世界の取り込まれていくのです・・・。


SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント