本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO
最新情報は LINE から

本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

安部公房「人間そっくり」は、 アナタの存在が危ぶまれてくる小説です。

安部公房「人間そっくり」は、 アナタの存在が危ぶまれてくる小説です。

掲載日: 2021年04月13日

「人間そっくり」は、1966年(昭和41年)、雑誌『S-Fマガジン』9月号から11月号に、「前篇」「中篇」「後篇」の3回に分けて連載された作品です。

ある日、
自分は火星人だという男が訪ねてくる。

事前に奥さんらしき人から
「主人は自分を火星人と思い込んでいる。
暴れるかもしれないから刺激しないで」
と電話があったのです。

自分は火星人だという男。
彼は、ある小説の原稿を手にしている。
タイトルは「人間そっくり」
今回の出来事を、事前に小説に仕上げてきたという。

そこから、延々150ページにわたり
何が本当で、何が嘘かがわからない押し問答が続く・・・。
まるで星新一のショートショートのような展開です。
ただ・・・長い・・・(;^_^A

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント