オンライン読書会のコミュニティ「本コミュ読書会」
読書会情報はコチラ

オンライン読書会のコミュニティ「本コミュ読書会」

暴走する人類を救おうとする叡智あるロボットを描く「オートマタ」

暴走する人類を救おうとする叡智あるロボットを描く「オートマタ」

  • 映画

掲載日: 2017年10月10日

「オートマタ」は、2014年に制作された、スペイン・ブルガリアの合作映画。
世界観が秀逸なSF映画です。

舞台は、2040年。
地球は砂漠化が進行し、人口の99.7%が失われ、人類の総数が2100万人足らずになり
生存者は防御壁で守られた都市を作り暮らしています。
そんな過酷な環境で人類の手助けを行うヒューマノイドロボット「オートマタ」が創られます。

ここまで聞くと、SF映画慣れしている方は、「ロボットが暴走して、人類を脅かす存在になっていくんだろう」と予想するでしょう。

ところが、そんな展開にはならないのです。
全く逆で、モラルもなく破壊の限りをつくす人間と、自己修復し献身的に人間につくすヒューマノイドとの関係が、描かれていくのです。

オートマタの存在意義とは、なんなのかを考えさせられました。
フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
にインスパイアされた作品というだけあって
なかなか深いのです(^_^;)

映像的には、リドリー・スコット監督のSF映画「ブレードランナー」の影響がたっぷり入ってます(^_^;)

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント

YouTubeチャンネル

本コミュ読書会のYouTubeチャンネルです。
文学作品の朗読動画を配信しています!

中原中也「サーカス」には、中也の乗り越えてきた苦難への想いが込められています。-Vol.154. 朗読コンテンツ23

Vol.153. 朗読コンテンツ22-宮沢賢治 「猫の事務所」には、賢治の言い知れぬ悲しみが込められています。

Vol.152. 朗読コンテンツ21-宮沢賢治 「雨ニモマケズ」

Vol.151. 朗読コンテンツ20-岡本綺堂「離魂病-その三」