本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO
最新情報は LINE から

本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

星新一「声の網」が描く世界に現実がやっと追いついてきた。

星新一「声の網」が描く世界に現実がやっと追いついてきた。

  • その他

掲載日: 2018年07月02日

ショートショートは、ページ数が短いが故、
さぁ面白くなってきた~と感情移入するやいなや終わってしまうのが欠点です。
でも、この作品は長編。楽しみが持続します(^_^;)

舞台は、十二階建てのマンション。
全部で十二章から成る連作です。

一本の電話が発端となり、
1章では、1階の住人に起こる不思議な出来事。
2章では、2階の住人に起こる不思議な出来事。
・・・という具合に進んでいきます。

各章ごとに役割があり、
物語の発端、展開、状況説明、そして、謎の解明となっていきます。

で、驚くべきは、ここから。
読み進めると、インターネット、AIの脅威の風刺、だと気がつきます。
ありふれた設定だなぁと、思えるのです。
が、しかし・・・。
それは、「今」だから言えること。
これを書かれたのは、1970年代。40年ほど前です。

インターネットの「イ」の字もない時代です。(^_^;)
当時は、そんなバカなこと起こるかなぁと、思っていました。
が、いま読み返すと、現実にあるかもしれない・・・と
背筋がぞっとなってきました。

現実が、小説に追い付いてきてます(^_^;)

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント