本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO
最新情報は LINE から

本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

宮沢賢治著「注文の多い料理店」は、必ず「序文」を読むこと。

宮沢賢治著「注文の多い料理店」は、必ず「序文」を読むこと。

掲載日: 2020年08月01日

宮沢賢治の存命中に刊行された本は、二冊のみ。
それも自費出版です。
あまりにも内容が特異すぎて、どの出版社からも断られたのです。

一冊は、詩集「春と修羅」。
最愛の妹との別れを描いた『永訣の朝』が有名です。

そして、もう一冊が、童話集「注文の多い料理店」。
不思議な不思議なお話が収められています。
賢治が、花巻の「林や野はらや鉄道線路やら」を
歩き回って「もらってきた」お話です。

本文を読む前に、まずは「序文」を読む必要があります
なぜなら、これらのお話をどうやって描いたかが
賢治自身の文章で記されているからです。

決して速読なんぞで読んではイケマセン。
じっくりと「序文」の文章を、行きつ戻りつして読むと
賢治の不思議な創作の様子が見えてきます。

たとえば・・・。
賢治曰く、「わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、
きれいにすきとおった風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます

そう、賢治は、「風」を感じるだけではなく「たべ」、
「日光」を見るだけではなく「のむ」ことができます。

賢治曰く、「これらのわたくしのおはなしは、
みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです。
ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、
十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、
もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。
ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、
わたくしはそのとおり書いたまでです

かくして、人智を超越した不思議な不思議なお話が
ここから始まります。

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント