オンライン読書会のコミュニティ「本コミュ読書会」
読書会情報はコチラ

オンライン読書会のコミュニティ「本コミュ読書会」

老舗の業を描き出す、岡本かの子「家霊」

老舗の業を描き出す、岡本かの子「家霊」

掲載日: 2022年12月01日

「家霊」は、1939(昭和14)年に文芸雑誌「新潮」に掲載された作品。
老舗のどじょう店を切り盛りする若女将の業の物語です。

「家霊」というタイトルからして、何かおどろおどろしい。
で、そのどじょう店の屋号が「いのち」。これまた、おどろおどろしい(;^_^A

物語の冒頭に客が店に入る場面では、こんな会話が交わされます。
疲れた。一ついのちでも喰うかな
すると連れは
逆に喰われるなよ
もうこの時点で、怪談にしか思えなくなってきました(;^_^A

このどじょう屋は、亡くなった先代の後を継いで若女将が切り盛りしています。
先代から言い残された、ある習わしがあります。
それは、近所に住む老彫金師に、毎食、どじょう汁をふるまうこと。

なぜ、このようなことをしているのか、
若女将が受け継ぐ「業」がとても丹念に描かれています。

やはり、これは、一種の怪談だと思います(;^_^A

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント

YouTubeチャンネル

本コミュ読書会のYouTubeチャンネルです。
文学作品の朗読動画を配信しています!

中原中也「サーカス」には、中也の乗り越えてきた苦難への想いが込められています。-Vol.154. 朗読コンテンツ23

Vol.153. 朗読コンテンツ22-宮沢賢治 「猫の事務所」には、賢治の言い知れぬ悲しみが込められています。

Vol.152. 朗読コンテンツ21-宮沢賢治 「雨ニモマケズ」

Vol.151. 朗読コンテンツ20-岡本綺堂「離魂病-その三」