本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO
最新情報は LINE から

本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

泉鏡花「天守物語」その3-亀姫登場。

泉鏡花「天守物語」その3-亀姫登場。

掲載日: 2021年08月29日

ここから、グロテスクな描写が開花します。

天守閣の天井から降りている梯子より
亀姫のお供の「朱の盤」が降りてくる。

そのいでたちや
大山伏の扮装、頭に犀のごとき角一つあり、まなこつぶらかに面の色
朱よりも赤く、手と脚、瓜うりに似て青し
これは江戸中期に書かれた「老媼茶話(ろうおうさわ)」に出てくる化け物です。

あな恐ろしや・・・。

朱の盤が小脇に抱えているのは
白布に蔽うたる一個の小桶
富姫へのお土産とのこと。
中から出てきたものは「色白き男の生首

げに恐ろしや・・・(;^_^A

恐ろしき形相の「朱の盤」が
「かちかちかちかち」と歯を打ち鳴らして脅すが、女童は怖がらない。

朱の盤、曰く
さすがは富姫御前の禿(かむろ)たち、変化心備わって
びくともせぬは我折申す

「へんげごころ」
これすなわち、妖怪の心とでもしておきましょう(;^_^A

「がおれもうす」
これは、私の負けです、という感じでしょうか。

さらに天守閣の天井から降りている梯子より
猪苗代城の主 亀姫が現れる。

富姫と亀姫の仲睦まじき会話を、ほほえましく聞いている「朱の盤」は
二人の会話をこんな風に表現します。
いやまず、おなかがよくて
お言葉の花が蝶のように飛びまして、お美しい事でござる

厳めしい風体に似合わず
なんとも優雅な表現・・・(;^_^A

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント