本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

本コミュ読書会-BUNGAKU DESIGN KOBO

朗読コンテンツ09-夏目漱石「夢十夜」-第三夜(おぶった子供が重くなる話)

朗読コンテンツ09-夏目漱石「夢十夜」-第三夜(おぶった子供が重くなる話)

掲載日: 2022年12月13日

「夢十夜」は、1908年(明治41年)に『朝日新聞』に連載された連作短編小説。
朗読にピッタリの長さの作品です(;^_^A
作家の人生をありのままに描く「自然主義文学」とは異なり、
リアルな「作り物」を旨としている漱石らしく、実に不思議なお話。
そして、ただの空々しい幻想的な物語ではなく、
生き生きとしたリアリズムにあふれています。
今回お届けする朗読は、夏目漱石「夢十夜」の第三夜です。
「第三夜」は、おんぶしている子供が次第に重くなってくるという不気味な物語です。

夏目漱石は、明治38年に下記のような書簡を教え子である野間氏に送っています。
昔し大変な罪悪を冒して其後悉皆忘却して居たのを
枕元の壁に掲示の様に張りつけられて大閉口をした夢を見た。
何でも其罪悪は人殺しか何かした事であつた

(明治38・1・15 野間真綱宛書簡)

第三夜は、漱石のこの時の心境を作品にしたもの。
それを踏まえて、作品を見ていきましょう。

冒頭、主人公は子供をおんぶしています。
ただ不思議な事にはいつの間にか眼が潰れて、
言葉つきはまるで大人である。しかも対等だ

おぶっている子供というのは、夢で見た、自らの「大変な罪悪感」です。
自分のことだからこそ、「対等」なのです。

そして、「眼が潰れて」いるのは暗中模索の状態。
何をしたのか判らなくなっているのです。

そして、最後の方になり
御前がおれを殺したのは今からちょうど百年前だね
と、「罪悪」を自覚します。

すると、「背中の子が急に石地蔵のように重くなった
罪の意識が重くのしかかってくるわけです。

そんな恐ろしげな物語を朗読と映像で表現してみました。

SNSでシェアして下さい!

現在募集中の読書会イベント